2017 JBMXFシリーズ第4戦 新潟・上越大会 結果速報

大会名:2017 JBMXFシリーズ第4戦/東日本第2戦 上越大会
日 時:2017年6月4日
会 場:新潟県上越市 金谷山BMXトラック

天 候:曇り​

2017JBMXFシリーズ第4戦が新潟県上越市金谷山BMXトラックにて行われました。この大会には先日の2017世界選手権アメリカ・ロックヒル大会でジュニアエリートクラスにて4位に入賞した地元上越市の中井飛馬(DAYLIGHT CYCLES)をはじめ、エリートクラスの吉村樹希敢(GANTRIGGER)などの選手が参加し行われました。

最高峰のエリートクラス決勝では、吉村#27と山口#773(早稲田大学)の二人がスタートから飛び出し第1バームに並んで入る展開に。インコースの吉村が山口をインから押さえて第2ストレートに入ると、プロセクションでも激しい競り合いを繰広げたがそのままのリードをキープした吉村が優勝。今シーズンJBMXFシリーズでは初めての優勝となりました。

優勝:吉村 樹希敢(GANTRIGGER / 大阪)
2位:山口 大地(早稲田大学 / 新潟)
3位:松下 巽(早稲田大学院 / 神奈川)

 
 

Boys9-10クラスは過去最高の41名のエントリーとなり激しいレースが予想される中、古家詩音10歳(#8)がスタートから抜群の飛び出しでレースを終始リートし優勝しました。今後もこのクラスは激戦が予想され来年以降の世界選手権大会でもファイナリスト排出が期待されるクラスとなりそうです。

次回のJBMXFシリーズ第5戦は9月10日広島県安芸高田市、土師ダムBMXトラックにて開催されます。

優勝:古家 詩音
2位:安井 唯人
3位:青池 星来

​リザルトまた他クラス詳細については後発表となります。